ヘルシー豆腐ハンバーグ  ジンジャーオレンジソース

60

  • ヘルシー
  • かんたん

豆腐やヒジキ、鶏ミンチを使ったヘルシーなハンバーグ。生姜の辛みとオレンジの酸味&甘みを効かせたソースをたっぷりかけ、意外なおいしさ新発見♪

ワンポイントアドバイス
[温度キープ機能]を使うと、自動で火加減を調節するので焦げ付きにくく、焼き物料理もきれいに仕上がります。

146kcal(1人分)

レシピで使用するコンロ機能

コンロ
タイマー
時間がくると自動消火し、ブザーでお知らせします
温度キープ
火力を自動調節し、設定温度をキープします
グリル
このレシピでは使用しません。

ガスコンロ・便利機能を使うときの注意点

材料(4人分)

高野豆腐
1コ(約16g)
木綿豆腐
200g
ヒジキ(乾燥)
8g
(a)
・鶏ミンチ
100g
・豆乳または牛乳
大さじ1
・白ゴマ
大さじ1
・塩
小さじ1/2
・コショウ
少々
ショウガ(みじん切り)
15g
タマネギ(みじん切り)
50g
オレンジ
2/3コ
オレンジジュース(果汁100%)
大さじ4
クレソン
6本
オリーブ油
適量

作り方

高野豆腐はすりおろし、粉末にします。

ポイント

高野豆腐はタンパク質を始めとしカルシウムや鉄分といったミネラルも豊富に含まれています。常温で保存が出来、乾燥のまますりおろして使うことも出来ます。市販品で、既に粉末状にされた粉豆腐を使用してもいいでしょう。

ボウルに木綿豆腐を入れてつぶし、ヒジキを加えてよく混ぜ、約5分おきます。

ポイント

ヒジキは水で戻さず豆腐に混ぜ込み、豆腐の水分でやわらかくします。

(1)、(a)を加えてよく混ぜます。12等分にして、直径約5cmの丸形に整えます。

ポイント

手にオリーブ油をつけて形を整えましょう。

フライパンを≪温度キープ機能 180℃≫に設定します。

設定温度になればにオリーブ油を敷き、(3)を焼きます。
【コンロ調理タイマー 約5分 → 裏返して約5分】

オレンジは実を剥き、小切りにします。出てきた果汁は残しておきます。

鍋にオリーブ油を入れて温め、ショウガ、タマネギを弱火でじっくりと炒めます。(5)、オレンジジュースを加えて軽く煮詰め、塩、コショウで味を調えます。

器に(4)を盛り、クレソンの葉をちぎってのせ、(6)を添えます。

ポイント

クレソンの代わりに、ベビーリーフやちぎったレタスをのせてもおいしいですよ。

Let'sガス火クッキング TOPページへ戻る

  • Search
  • PageTop

ガスコンロ・便利機能を使うときの注意点

<グリル>
  • 加熱中や加熱後のグリルは高温になっています。食材を追加したり、調理物を取り出す際はやけどに注意しましょう。
  • グリルでグラタンなどの焼き物調理をする場合は直火対応の耐熱性容器をご使用ください。
  • アルミ箔やグリル用プレートを使用する際は油脂が溜まらないように注意してください。
  • グリル用調理容器を使用するときは、対象コンロ専用の容器を使用してください。またその際は取扱説明書をよく読み、正しい方法で機器に設置してください。
  • 同じ名称の容器でも容器のサイズや材質が異なる場合があります。また、グリル容器調理の火加減・時間はご使用のコンロの機種によって異なります。レシピの火加減・時間を目安に、様子を見ながら加熱時間をご調整ください。
<温度キープ>機能
  • 温度キープ機能を使って揚げ物をするときは、食材全体が漬かる程度の油(必ず200ml以上)を入れて行ってください。
<あぶり・高温炒め>機能
  • 炙り調理時は、「高温炒め」または「あぶり・高温炒め」に設定。(機種により「センサー解除」「左コンロ高温」と表示しているものがあります)
  • 炙る時は温度センサーの上に焼き汁などが落ちないように温度センサーの真上は避けて調理をしてください。
  • センサー解除中でも温度が上がりすぎると安心・安全機能がはたらき自動で弱火・強火に調節しますのでやけどにご注意ください。
  • あぶり・高温炒めモードを使用するときは、揚げものなどの調理をしないでください。調理油が発火し、火災の原因になります。
<麺ゆで>機能
  • 麺ゆでモードを使用する時は点火後すぐ(10秒以内)に鍋底から炎があふれない程度に火力を調整してください。火力が適正でないとふきこぼれや茹で不足になる場合があります。
  • 麺を茹でる時は、ときどきかき混ぜてください。ふきこぼれ、飛び散り、焦げつきの原因になります。